実家の空き家問題を解決しよう!10人に1人が空き家を所有する時代へ・・・


「実家の空き家問題を解決しよう!」

実家が空き家になること、その日が訪れるかもしれません。そして、この問題は意外にも多くの家庭で起こっていることです。しかし、実際に売却や利活用を考えるとき、悩みが尽きないことも事実です。

実際、30代から50代の多くの方々が実家を相続し、その実家が空き家になることが珍しくありません。あるアンケートでは、約50%の人が空き家を売却することを選択しています。しかし、ここで注目すべきは、新しい物件の売却率が高いことです。

つまり、実家を相続するとき、建物や土地が既に30年や40年以上経っている場合、市場価値は低く、売却が難しいことがあるのです。一方で、所有者としては、賃貸や売却による収益を期待するでしょう。

しかし、現実は複雑で、売り手と買い手のニーズが合致しづらいこともあります。買い手は改修や修繕にコストをかけたくない場合が多く、結果として空き家が増えてしまうことがあります。

だからこそ、実家の相続を考える前に、家族でしっかりと話し合い、解決策を見つける必要があります。空き家になる前に、手を打つことで、問題を解決する最良の方法を見つけることができます。

そこで、リバースモーゲージやハウスリースバックといった制度を活用することを検討してみてください。これらの制度を使えば、実家の所有権を移転させつつ、住み続けることができます。空き家になる前に売却するよりも高値で取引ができる可能性も高まります。

実家の空き家問題は、所有者の気持ちが大きな要因です。しかし、何もしないままでは問題が解決しません。家族と話し合い、解決策を見つけることが、最も良い道かもしれません。

次回、実家の空き家問題に直面したときに、どのように対処すべきか、具体的なアクションプランをお伝えします。お楽しみに!


埼玉県富士見市で不動産(空き家・土地・マンション)の売却を検討されている方は、富士見市の地域に詳しい不動産屋:りんたろう不動産に是非、ご相談ください。 訳アリ物件・売りたくても売れない物件などに関するご相談も無料で承っております。

【採用情報】 一緒に働くスタッフを大募集しております! りんたろう不動産に興味のある方は、是非お問い合わせくださいませ!



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-203-0388

営業時間
09:00~18:00
定休日
年中無休(夏季・冬季・年末年始除く)

【代表】角田 拓也の画像

【代表】角田 拓也

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 電気工事士・消防設備士・一般建築物石綿含有建材調査者

代表の角田(つのだ)でございます。不動産の相続・売買・賃貸を初め、空き家の活用方法・不動産投資まで幅広く良いご提案をさせていただきます。不動産を売買するにあたり不用品の処分に困っているお客様にたくさん出会ってきました。そんなお客様のお役に立てればと不用品回収サービス『エコたろう』を始めました。きっとお客様のお役に立てることと存じますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

【代表】角田 拓也が書いた記事

売却査定

お問い合わせ